危ないアメリカ国債のリスク?

アメリカ国債が昨年10月にデフォルトといって債務

超過に陥りかけたニューズは皆さんご存知でしょうか。

 

また2011年8月にも同様の事が起きました。

 

実はこういった危ない橋を渡っている国が発行して

いる国債はアメリカに限ったものではありません。

 

お隣、韓国もアメリカ以上に厳しい国家運営を強い

られています。

 

とりあえず、韓国についてはまた後ほどお話すると

して、アメリカの台所事情とはいったいどれだけ厳

しいものなのでしょうか。

 

まず、現在のアメリカ国債の発行残高は1600兆円

この1600兆円という額は簡単に言えば、借金の上

で、昨年10月のすったもんっだの大騒ぎの原因

は、この借金の上限に達してしまうから起きた出

来事。

 

比較の対象として日本の国債発行残高が1000兆円

ですから、アメリカの1600兆円という額は、それ

よりも遥かに上回っています。

 

ですが、なぜアメリカは今まで何度もこういった借金

の修羅場を乗り越えてこられたかというと、アメリカ

という国は世界の頭脳と技術が集結している国であり、

またその終結した頭脳が強い国力となって、世界経済

の中心というポジションにいます。

 

その証拠にアメリカドルは世界の基軸通貨ですし、様

々な国際商品売買においての決済通貨は米ドルです。

 

つまり、アメリカの国力は世界的に見て非常に強大

でありそれは対外債務のGDP費でわずか113%に過ぎ

ません。

 

一方、日本の場合の対外債務のGDP費で220%を超

えています。

 

個人でもそうですが、総資産額が1億円の人の1千万

円の借金と、総資産額500万円の人の借金1千万円は

その重みが違います。

 

つまり、アメリカは借金も多いが国内の金融資産の

額も非常に多いのが特徴です。

 

これから投資信託をされる方にひとつ覚えて頂きた

いことは、投資信託のポートフォリオの中にも国債

に投資するものが含まれているかもしれません。

 

しかし国債に投資する際は、その国の国力がどれだ

けの経済規模で、そして国内の全金融資産に対する

借金、つまり国債の発行残高がどれだけあるのかを

知るようにしましょう。

 

そしてそれを把握する目安となるのが、10年国債の

長期金利です。この長期金利が高い状況であれば、

厳しい国家運営。

 

逆に低い水準で推移していれば、安定的な国家運営

となります。

 

ギリシャ危機があった時のギリシャ国債の長期金利

は400%。一方現在アメリカの長期金利は2.86%。

 

ギリシャとは比較にならないくらいに低い金利水準。

 

この事実からアメリカの借金は高い水準を維持して

いるが、それはまだ返済していける範囲内である事

がわかります。

a0001_002297

したがって、世間が心配しているほどアメリカ政府

の台所事情は厳しくないといえます。

 

当サイト一押しの新限定タイアップキャンペーン!

「新規口座開設+5万円以上入金+1回取引」だけというハードルの

低さで楽天スーパーポイント15,000円分プレゼントという太っ腹!

詳細はこちら ⇒  外為ジャパン楽天15,000ポイントキャンペーン

 

コメントを残す

*

このページの先頭へ