杏の実の基準価格って?

投信の初歩的なQ&Aになりますが、どんな投信銘

柄にも表示される「基準価格」というもの。

この基準価格とはいったいどういったものなので

しょうか。

 

今日は投信の購入に際して必ず出てくる基準価格

についてお話したいと思います。

 

まず、様々な証券会社や銀行のリテール部門で積

極的に投信初心者の顧客に対してお勧めしている

投信商品の中にハイグレード・オセアニアボンド

通称「杏の実」という商品がありますが、今日は

この杏の実を例にとって見てみましょう。

 

a0027_000028

そもそも投資信託とはいくつかの投資銘柄の集合

体である、ポートフォリオが最初に組まれます。

 

そのポートフォリオの中にはA銘柄やB銘柄、そし

てC銘柄の投資対象があり、各銘柄が日々上がった

り下がったりしているのが投資信託の特徴。

 

杏の実であれば、オーストラリアやニュージーラン

ドの公社債が投資対象で、これら複数の公社債の値

動きは日々変動しています。

 

例えば、ポートフォリオにはA社債、B社債、C公債

で構成されており、Aの今日の値段は200円、Bは

400円、Cは400円だったとします。これが翌日に

Aが210円、Bが420円、Cが420円になったとすれば

3銘柄で上昇し、その上昇率は5%となります。

 

この時点で杏の実のポートフォリオの上昇率は10%

となります。

 

投資信託の基準価格は発売当初は1万円からスタート

しますが、この上昇率10%というのが、ダイレクト

基準価格に反映されることになります。

 

つまり、杏の実の基準価格は10500円となるのです

 

また逆にポートフォリオ内の各銘柄が下がったりし

た場合も同様に基準価格に影響します。

 

この基準価格の増減が最終的に各証券会社サイトで

表示されている「基準価格の推移」という一定期間

のグラフとなって表現されます。

 

これが投信の基準価格なのです。

 

当サイト一押しの新限定タイアップキャンペーン!

「新規口座開設+5万円以上入金+1回取引」だけというハードルの

低さで楽天スーパーポイント15,000円分プレゼントという太っ腹!

詳細はこちら ⇒  外為ジャパン楽天15,000ポイントキャンペーン

 

コメントを残す

*

このページの先頭へ