年利10%高金利外貨預金の知らないと損な話

銀行の外貨定期預金の多くが日本円の定期預金の預

け入れの期間よりも短く、10%から15%程度の高金利

を付けていますので一見すると大変魅力的な運用商品

にも見えないこともない気がします。

 

しかしこの高金利の外貨定期預金には、非常に大きな

落とし穴が待っています。

 

では前回の日記の続きです。

 

まず高金利外貨定期預金は中途解約が出来ないもの

がほとんどです。

a0006_002645

というより外貨定期預金の中途解約は不可能のところ

がほとんどだと思います。

a0002_000218

つまり貨定期預金は預け入れをしてしまうと、もう満期

を迎えるまで解約が出来ないのです。

 

従って円高の底値のタイミングで円貨から外貨を購入し、

外貨定期預金の作成を済ませ、そのまま相場が円安ト

レンドに傾けば、思い通りの収益が得られる上、高い預

金金利も一緒に獲得できます。

 

ただ外貨預金は原則、円貨→外貨、または外貨→円

貨にする際に、1通貨あたり1円や1.5円の銀行所定の

手数料が取られます。

 

つまり円→外貨、そして外貨→円にするだけで1通貨

あたり2円から3円、または4円近い手数料が取られる

のです。

 

例えば豪ドルの外貨定期預金をしようとした場合、あ

る銀行ではこの預金の片道手数料、つまり円→豪ド

ルの手数料が1.5円だったとして、それを了承の上で

豪ドルの外貨預金を1ドル80円のタイミングで預け入

期間1年で千ドル分、つまり8万円分作成したとします。

 

そして順調に円安が進行し満期を迎えたときに、1ド

ル85円で解約相場が確定しました。

 

外貨定期預金を申し込んだ際の金利が年利10%

ったとすると、金利が8500円ですので日本円で885

00円もらえるはずです。

 

しかしここから1000豪ドルの往復手数料3000円引

かれますので、実質85500円が税引き前の金額。

 

そしてさらにここから税金20%引かれるため、

実質6840円しか儲けとして受け取る事ができません。

 

しかもこれはあくまで思い通りに外貨相場が円安

に進行した場合のシナリオであって、もしこれが思

っていたトレンドとは真逆のの円高相場に進行し

た場合、もしかしたら為替差損が出ているかもしれ

ないのです。

a1640_000326

これが外貨預金の高い金利の仕組であり、これ

こそが外貨預金の高いリスク。

 

そのため気軽に作成できる銀行預金でありながら、

外貨相場の読めない相場初心者にはおススメで

きない金融用品なのです。

 

投資信託ストアからのご注文で購入手数料全額キャッシュバック!

 

Wキャンペーン紹介

  

 

コメントを残す

*

このページの先頭へ