円安の今、買っておくべきファンド

前回のおさらいです。

 

まず、日本は諸外国に比べ資源がない。

その為、資源を輸出の武器にすることができない。

しかし日本には高い技術力があるので、その技術

力を海外へ出荷することで、現在の国際的地位に

まで上り詰めた。

 

日本に売るだけの資源がなく、資源を仕入れ製品

にして売る事しかできないということは、円高になる

よりも円安になった方が利益率が良い。

 

つまり円安になると国内で売る製品を作ってい

る企業よりも、海外向けに製品を作っている企業の

ほうが今後の業績は高まっていく可能性がある。

 

ここまでお話しました。

 

では今日はその第2弾。

「円安の今だからこそ買っておくべきファンド」

をご紹介します。

 

ご存知のように現在のドル円相場は114円後半

から115円台前半を行ったり来たり。

 

ついこの間まで100円ちょっとだったのがまるで

嘘のように円安が急激に進行しています。

 

そこで日本の輸出を支える主砲銘柄といえばこの会社。

 

そうです。

 

トヨタ自動車です。

 

しかしトヨタ自動車の上場株式を購入するので

はありません。

 

トヨタグループ関連の銘柄でポートフォリオの

組まれたファンドがあります。

 

それが楽天証券の取り扱っている

トヨタグループ株式ファンドなのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず初めにファンド銘柄構成比率はトヨタ自動車

株式の比率を50%で、残り50%は、アイシン精

機、小糸製作所、愛知製鋼、デンソー、豊田合

成、ダイハツなどの関連企業の銘柄で構成され

ています。

 

現在の基準価格は19459円で純資産総額は881億円。

分配金で見ると1万口で2009年11月120円です。

それが2012年11月180円に。

そして昨年11月に至ってはアベノミクスの影響もあり、

なんと400円まで上がりました。

 

 

ただ来月の解散総選挙の結果次第で、日経平均に影響

が出る可能性もありますし、投信基準価格に影響が出る

可能性も否めませんが、今のところは自民党が政権与党

になる可能性が高く、野党第一党の民主党に政権が移る

可能性は極めて低いと見ています。

 

 

少なくとも黒田総裁自民党が足並みをそろえている状

態が続く限り、輸出関連銘柄の株価、並びにファンドの

基準価格は安定していくのではないでしょうか。

 

如何ですか?

 

今の円安局面で買ってみるトヨタグループ株式ファンド。

a1180_000151

詳しくは楽天証券内のトヨタグループファンドの目論見

書をご覧ください。

詳細はコチラ ⇒ 楽天証券公式サイト

Wキャンペーン紹介

  

 

コメントを残す

*

このページの先頭へ