リスクのない金融商品とは?

金融市場の原理原則の話しをしますと、資産運用とは

高いリターンを求めるのであれば、高いリスクを負わな

くてはならず、そんなに高いリターンを求めないのであ

れば、低いリスクを負えば良い。

a0001_014484

と言う考え方に基づいています。

 

従ってまったくリスクのない運用方法というのは、なく

多かれ少なかれリスクが発生するのが資産運用という

ものなのです。

 

しかし中にはリスクを極限まで抑えた金融商品という

のもあります。

 

全くといってしまうと大げさですが、おそらく今の日本

で最もリスクの低い資産運用方法は銀行預金です。

 

銀行預金というのは、ご存知のように大変金利が低

いのが特徴で、1000万円を預け入れしても、一回の

引き出し手数料にもならないと言われている預金で

ありますが、実は銀行が常時出している定期預金の

金利は相変わらず低いレンジで推移して居る中で、

いわば期間限定の特別に設定されたキャンペーン

金利が大変魅力なのです。

 

例えば夏や冬のボーナスシーズンには銀行が

別金利定期預金と言う名の通常では考えられな

い高金利の預金商品をリリースします。

 

かつては5年で1%や3%前後の定期預金が多く

、リーマンショック時に一時的に0.5%程度まで下

がるも、最近また5年もので0.8%程度の定期預

金の取り扱いを始めた銀行が増え始めてきました。

 

非常に高金利ですし、魅力的なのですが、ただ

こういった特別限定特別金利の定期預金という

のは、預け入れする金額が1000万円未満がル

ールとなっており、1000万円以上だと、口数を

分けなくてはならないなど、制限があります。

 

しかしそれを除いても、銀行がつぶれない限りはリス

クが存在しないのが銀行定期預金ですので、投資信

託のような元本割れに怯えながら日々を過ごす必要

もありません。

 

本当にその銀行で預金しても良いのかを判断したけ

れば、その預金する銀行の財務内容をチェックする

必要がありますが、ただ今日本の銀行で危ないと言

われている銀行はほとんどなく、9%以上の自己資本

比率を維持している健全な銀行ばかりですので、預

金するのに不適格な銀行はありません。

 

ましてや倒産するリスクはほぼゼロでしょう。

確かに大災害等で銀行の本店が消えてなくなってし

まったなんて事が起きれば、話は別ですがそんな非

現実的な事は今のところ起きそうにありません。

 

つまりリスクは限りなくゼロと認識いして差し支えな

いでしょう。

a0001_014909

もしリスクゼロの金融商品で手堅く運用を考えるの

であれば、その選択肢は極めて少ないですが、銀

行預金も選択肢の一つです。

 

投資信託ストアからのご注文で購入手数料全額キャッシュバック!

 

Wキャンペーン紹介

  

 

コメントを残す

*

このページの先頭へ