ギリシャ危機で揺れるユーロ情勢

今日は投資信託ではなく、少しタイムリーな経済ニュース

の話題をしていきたいと思うわけですが、ご存知のように、

いよいよ本日から明日にかけてギリシャが債務償還期限

を向かえ、2000億円もの支払いが迫っているわけですが、

今のところギリシャはその債務支払いが出来そうにもなく、

このまま行けばギリシャは数回の督促を経た後、デフォル

トすると言われています。

4978790536_882114b1cc_b

実際、昨日の東京市場は600円近い今年最大の下げ幅

を記録し、また外為市場もドル円相場で3円近い円高

なるなど相場は大混乱を極めました。

 

ではこのままギリシャがデフォルトした場合、どうなるのか

と言いますとユーロからの離脱は当然、ただギリシャ経済

自体が多重債務化していますので、これ以上債務を増や

さないために、国としての対策が必要です。

 

一説にはかつてのギリシャ通貨であるドラクマを復活させ

ようとする動きもあるようですが、そもそも国家に信用がな

い中での新通貨発行は、ジンバブエドル状態になります

ので、急速で深刻なインフレを招きかねません。

 

ちなみに現在、ジンバブエは独自の通過は廃止し、米ド

ルを国の通貨にしています。

 

同様にギリシャも同じ事をドラクマを新通貨にしたとして

も、インフレを誘発するため結果的にはもっと信用度の

高い通貨の傘下に入る事になってくるでしょう。

 

その傘下に入るかもしれない通貨こそ今、にわかに囁

かれているルーブルなのです。

 

つまりギリシャはロシアとの交渉次第で同国の通貨を採

用する可能性が出てきているのです。

skyline-740528_640

ECBが懸念している事として、これまでにEUが作り上げ

てきたヨーロッパ経済のルールを、ギリシャが壊してしま

う事、つまりユーロ圏の基軸通貨に他国の通過が入っ

てくる事に強い懸念を抱いています。

 

もしギリシャがルーブル通貨を国の通貨にしてしまったとしたら。

 

ユーロの根幹が揺るぎかねない自体が発生する可能性が

出てくるのです。

a1180_001393

もしかしたら今回のギリシャ危機が強い通貨が弱い通貨を

食うという『通貨間陣取り合戦』のさきがけになるのではない

かとECBは強い警戒感を示しています。

 

投資信託ストアからのご注文で購入手数料全額キャッシュバック!

 

Wキャンペーン紹介

  

 

コメントを残す

*

このページの先頭へ